両耳で使うこと

人が音を認識すると、左耳で聞こえた音を右脳に伝達します。右耳で聞こえた音は左脳に伝わります。
そしてこの音を右と左の脳で処理し、どんな音なのか判断しているのです。
そのため、街中のうるさい場所でも誰が何をいっているのか集中して聞くとわかるのです。
ですので、補聴器を両耳で使うことは非常に大切なのです。
目も同じように左右あることで、絶妙なバランスをとることができます。
片目だけしか開いていないと真っ直ぐあるくことも難しく、距離感もわかりづらくなるのです。
また、片方だけの目を使っていると疲れが早くなってしまいます。
耳も同じように、左右でバランスをとっているため補聴器を販売店で購入するときはしっかり両耳で試す必要があります。

販売店で両耳の補聴器を購入するのと、片耳で補聴器を購入するのとでは、大きな変化があります。
例えば、人混みの中や工事現場など騒音がする場所で両耳補聴器なら言葉の聞き取りがスムーズになります。
テレビを見たり、人と喋ったりするとき、聞こえる音が小さいと耳はもちろん、体の他の箇所まで大きな負担となりストレスの原因になります。
ですので、販売店では両耳の補聴器を購入することがこのような問題の解決手口となるのです。
両耳で補聴器を使うと片耳で使うより音を小さくできるので、より雑音をカットし小さな音でも聞き取りやすくなるメリットがあるのです。
片耳より両耳で補聴器を使うほうが、立体的に解像度の高い音として脳に伝わります。
ですので、より響きのよい音を楽しむなら、販売店で両耳一緒に補聴器を購入しましょう。
補聴器販売店なら、購入前に音の聞こえ方やつけ心地を確かめられます。