旧式の補聴器
  • 両耳で使うこと

    補聴器を販売店で選ぶ際は、片耳につけるだけで十分ではありません。両耳で使用することでよりはっきりと音をキャッチすることができます。両耳で試してみて小さな音でもしっかり聴き取れるか確認が必要です。

    Read More
  • アフターサービス

    補聴器販売店では、店によってアフターサービスの種類や充実度も異なってきます。特に補聴器は使ってから不具合や気になることが多く発生しやすいので、購入の前にアフターサービスの充実度を確認すると良いです。

    Read More
  • 価格や種類もみる

    販売店によっては補聴器の取り扱いが少なかったり、メーカーが偏っていたりするので、より多くの種類を試してみたいという人は、多くの種類やメーカーの取り扱いが多い販売店を選ぶと良いです。

    Read More

より良い販売店を

補聴器は今では多くの取扱店が存在しますが、これは医療機器の一種として国の薬事法で定められています。
特にあらゆる販売店の中でも「認定補聴器専門店」という認定を受けた店で探すことが良いとされています。
この認定専門店には、知識と経験の豊富な認定技術者がおり、その後のアフターサービスなどもおこなってくれます。
認定技術者はかなり補聴器の知識があるので、ちょっとした疑問や悩みなどもふまえてその人に合った補聴器を親身になって探してくれます。
また、補聴器は実際に日常で使ってみてからの不具合や問題が発生しやすい機器といえるので、このような技術者によるアフターサービスをしてくれるかどうかは非常に重要です。
もし販売店を選ぶ際には、耳鼻咽喉科での診断の際に医師からの紹介や実際に使っている人の紹介を受けると、よりよい販売店を選ぶことが可能です。

いざ販売店を見つけて購入する際にはおおまかな流れがあります。医療機器とされているので、しっかりとした取り扱いの説明や機能を理解する必要があります。
取扱店によってもおおまかなサービスや流れは違いますが基本的にはどこも購入者とのカウンセリングからはいります。
どんな時に聞こえの不便さを感じるのかなど、普段の日常生活を送っていて耳の状態をできるだけ店の人に伝える必要があります。
買い替えの場合は、この時に今使っている補聴器の不具合や悩みなどを相談してみるのも良いです。
次に行なうのが聴力測定です。実際に耳鼻咽喉科での診断に加えて現在の聴力を詳しく知るために聞き取りがどのくらいかなどを販売店も購入者も知る必要があります。
また、販売店によっては、音の聞き取り測定にくわえて、言葉の聞き取り具合を調べる場合もあります。

補聴器の測定を終えたら、実際に補聴器の機種洗濯を行ないます。販売店でのカウンセリング内容や測定結果を元に購入者の目的に合った補聴器を選びます。
補聴器の種類を選んだあとは実際にフィッティングを行ないます。ここで実際の聞こえ具合を判断するのでこのフィッティングは非常に重要です。
実際にフィッティングを行なって聞こえの状態が良いのかどうかを知るためにも販売店のスタッフと一緒にしっかりと音の確認をすることが大切です。
特に良い販売店では、同じ聞こえ具合を持つ補聴器でも、機能性の高いものや、より安くて購入者に合ったものを選んでくれることがあります。
フィッティングをしてみて、実際に騒がしい場所や静かな場所で音の状態を確認することも忘れてはいけません。

自分に合ったものが見つかれば実際に購入になります。購入の場合は最後に販売店のスタッフによって再度音の調整がされます。
もしオーダーメイドのものをつくるのであれば、選んで支払を終えたあとに製作にはいるので手元に届くまで時間がかかります。
販売店によっては数日ほどで完成するところもあります。
購入して実際使ってみてから重要になってくるのがアフターサービスの充実度です。販売店によってはかなりサービスが充実しているところもあります。
日常生活を送っていて不具合や気になったことがあればすぐに販売店に補聴器について相談する必要があります。
オーダーメイドの場合は一定期間であれば作りなおすことも可能です。